1. HOME
  2. >
  3. リフォーム工事の税制

リフォーム工事の税制

リフォームを行う上で知っておくと得する情報をご紹介致します。
様々な制度を利用して賢くリフォームしましょう!

減税制度を利用したお得なリフォーム

2014年4月1日より、消費税が8%に引き上げになりました。
増税の影響で物価も上がり、家計の財布に響くし、大きな買い物をしづらいなぁとお考えではありませんか?

バリアフリーにしたいのに…。地震対策もしたい…。スマートハウスにしたい…。
など、様々な希望はあるのに、諦めてしまっている方も多いと思います。

実はリフォームには、「リフォーム減税制度」という制度があり、さまざまな税金の優遇措置を受けることができます。

ここでは、3つの制度についてご紹介致します。
 

その1 「所得税額の控除」

一定のリフォームに係る工事費用等の額に応じて、所得税額を控除する制度です。
自己資金で行う場合はリフォームを行った年にのみ適用される「投資型減税」で控除額は工事費の10%、
ローンを利用する場合は年末のローン残高から1~2%控除される「ローン型減税」があります。
 

>>詳しくは国税庁のページをご覧ください。

その2 「固定資産額の減税」

リフォームに要した費用の額によらず一定の割合、で家屋の固定資産税が軽減される制度です。
軽減額は家屋の固定資産額の1/2あるいは1/3になります。
 

>>詳しくは国土交通省のページをご覧ください。

その3 「贈与税の非課税措置」

リフォームを行うために父母等から資金(住宅取得等資金)の贈与を受けた場合に、贈与の一定額までが非課税となる制度です。

 

>>詳しくは国税庁のページをご覧ください。


                         
上記の優遇制度は、耐震やバリアフリー、省エネなどに関わるリフォーム等で、種類によって適用される制度が異なります。
しかしこれらの制度は、併用してご利用いただくことも可能ですので、うまく活用しましょう。

自治体の補助金を利用する

上記のような減税措置だけではなく、国や自治体が実施する補助金制度も用意されています。

最近流行の太陽光パネルを設置するリフォームの場合、国や自治体の両方からあわせて数万~数十万の補助金を受け取ることもできます。
また、家庭用燃料電池システム(エネファーム)の設置なども最大で45万円の補助金があります。

お住まいの市町村単位でもリフォーム工事費の補助、耐震診断や耐震改修費用の補助、窓や壁の断熱工事などへの補助などもありますので、まずは調べて利用してみましょう。
自治体の補助金を利用する

ご依頼・お問合せ